税金の過払いを防ぐ

スマホをいじる

法人税については、よく国会で議論されています。 最近の国会中継を見ていても、法人税の減税について激しい論戦が繰り広げられています。 日本の法人税の基本税率は、25、5%となっています。 しかし法定実効税率は、35、64%であり米国よりは低いものの他の先進諸国よりは高くなっています。 法人税率の高さから拠点を海外に移す企業も増えてきており、その対策の一環として法人税減税議論が起きているわけです。 先進諸国と比べて比較的高い法人税の節税対策を、企業は活発に行っているわけです。 様々な節税対策があり、そのような対策をとることにより納める法人税を少しでも減らす努力をしているのです。 どのような節税対策をしているかは企業により違いますが、コンサルタントに依頼して節税対策をしている企業も多いみたいです。

法人税の節税対策には、いろいろなものがあります。 例えば、役職退職金を利用した節税対策というものがあります。 この退職金は、所得を計算する場合に損金に算入することができるのです。 受け取る役員もこの退職金については優遇措置を受けることができるようになっているので、企業側にとっても役員の側にとっても利点があるのです。 福利厚生費を利用しての節税対策もあります。 通勤手当については実は所得税が非課税となっているのです。 この通勤手当は、役員であろうが、アルバイトであろうが関係なく支給することができるのです。 この通勤手当は、所得税の課税取引の対象ともなっています。 しかも消費税の課税事業者であれば、消費税の節税対策にもなるのです。 さらに生命保険に加入することによって、それが節税対策にもなることがあるのです。 これらのことは、専門のコンサルタントとよく相談することをお薦めします。 節税対策によって、相当な効果が期待できるかと思います。