相続とは何か

ビジネススーツ

親族がなくなると相続が始まります。この相続により引き継いだ財産には税金がかかります。偶然に財産を得たという不労所得のためや、特定の人に財産が集中することを抑えるため、国は相続税という形で税金をかけてくるわけです。 人がなくなると受け継ぐ権利がある人を確定し、受け継ぐ財産の調査をしなければなりません。プラスの財産もあるでしょうしマイナスの財産もあるかもしれません。これらの財産を受け継ぐのか受け継がないのか、相続が始まった日から三か月以内に決めなければなりません。そして相続の権利がある人たちが集まり誰にどれだけの財産を与えるか話し合いをし、話がまとまった時点で不動産の名義を書き換えたり預貯金の名義変更を行います。そして税金を支払わなければならないのならば、十か月以内に税務署へ申告、納付を行わなければなりません。

上で書いたように相続にはやるべきことがたくさんあり特に税金がかかる場合は、くるくる変わる税法や税率で自分一人で処理することが困難になってきます。 また生前贈与されている相続人や遺贈、死因贈与など相続とどこが違うのかさっぱりわからないこともあります。また相続の決定を三か月、申告納税までに十か月と短いため早めに税理士に相談をして素早く的確に対応することも、選択肢の一つです。 この相続税には基礎控除額というものがあり、受け継いだ財産がこの基礎控除額以下ならば税金の申告納付は必要ありません。 税金に関しては専門的なことが多いため、安心して任せられる税理士さんに任せたほうが得策なのかもしれません。そしてトラブルが起きないようにしたいものです。